脂肪吸引の副作用

脂肪吸引の ホントは恐い 副作用「 たぷんたぷんのお腹をどうにかしたい! 」と思ったときに 脂肪吸引 という選択肢を考えてしまう方も少なくないでしょう。

 

多くの人が脂肪吸引に対して抱いているイメージは「 楽して痩せることができそう 」のひと言に尽きるのではないでしょうか?でも、脂肪吸引はアナタが知らないだけで、恐ろしい副作用がでる事もあるのです!脂肪吸引の副作用としては、どの病院にいっても潜在的にあるリスクとして『 脂肪の取りすぎ 』『 合併症 』があげられます。

 

人によっては「 脂肪の取りすぎの何がいけないの? 」と思われるかもしれませんが、人間のカラダの中にある脂肪を取りすぎて臓器が傷ついてしまい死亡してしまう例も報告されています。

 

さすがに多くの病院では死亡するまで脂肪を吸引することはほぼありませんが、腕の悪い整形外科に当たってしまうと 必ずしもない とは言い切れません。

 

死亡するまではなくとも、脂肪を取りすぎた場合は肌に凹凸が出来てしまったり、皮膚にムラや段差がでてしまいキレイになるはずの脂肪吸引で醜くなってしまうということもあります。
ダイエットの大敵である脂肪ですが、強引に落とすのは良くないのです!また、脂肪吸引のもうひとつのリスクである『 合併症 』には、脂肪吸引時の姿勢が原因で引き起こされると考えられている『 脂肪塞栓 』と『 臓器損傷 』『 麻酔中毒 』のリスクは完全には否定できません。

 

極度に恐れる必要こそありませんが、脂肪吸引のような美容整形には潜在的にリスクが存在することを覚えておいてください。

 

安全に脂肪を無くす!キャビテーションの説明とおすすめポイント

 

脂肪吸引の副作用と、リスクはご理解していただけたかと思います。

 

「 安全に楽して脂肪を減らす方法はないの? 」と思われた方には キャビテーション がおススメです。

 

キャビテーションとは『 切らない脂肪吸引 』と言われるほど効果の高い施術なのですが、このキャビテーションとは特殊な超音波を体に当てることにより脂肪細胞だけを体の外に排出しやすくする方法のことを言います。

 

キャビテーションのマシーンを当てた部分の脂肪はやわらかくなって、溶かされてしまいます。
溶けた脂肪をマッサージなどで外に排出することで、カンタンに 部分痩せ させることができるといのが、このキャビテーションのメカニズムになります。

 

キャビテーションがおススメのワケ!

キャビテーションは脂肪吸引のように、体にメスを入れるわけではありません。

 

もちろん、超音波による施術ということで、薬を注射したりするわけではないので副作用の心配は一切ありません。

 

つまり『 安全性が高い! 』という事が言えるのです。
おススメの理由はそれだけではありません。

 

脂肪吸引に比べて、かかるコストがう安く済むのです。

 

脂肪吸引は美容外科で受けることができる施術ですが、医療行為になります。

 

そのため、施術を受ける場所によっては 50万円を超えることも。

 

しかし、キャビテーションはエステサロンなどで受けることができる施術になるため、その金額は手ごろなものが少なくありません。

 

安全性も高く、金額的な負担も少ないキャビテーション。

 

「 この脂肪を落としたい 」と考えてらっしゃる方は、キャビテーションを試してみてはいかがでしょうか?