内臓脂肪がなかなか落とせない理由

「 メタボリックシンドロームの原因となる内臓脂肪を減らす 」というダイエット飲料がテレビのコマーシャルなどで放映されていますが、この 内臓脂肪 が増えるとさまざまな悪影響を身体に起こしやすくなるってことは以外と知られていません。

 

内臓脂肪とは文字通り『 内臓に付く脂肪 』であり、本来ならば傷つきやすい内臓に対して脂肪がクッションとなることで、内蔵に負担がかからなくするための物でした。
しかし、飽食の時代と呼ばれる現代社会において、内臓脂肪増え続けると『 糖尿病 』や『 心筋梗塞 』などの命に関る病気を引き起こしやすくなるというリスクが高くなってしまうのです!また、この内臓脂肪は明らかに太っている人にだけ問題があるわけではなく。

 

一見スリムに見える人でも、内臓に脂肪が付いてしまっているということがあるため「 ダイエットなんて関係ないわ! 」という方も油断はできないのです。

 

この内臓脂肪は皮下脂肪と違って身体の奥にあるため、非常に落しにくい脂肪なのです。
食生活が原因で太ってしまうことは一般的ですが、内臓脂肪はダイレクトに食べたものの影響を受けてしまいます。

 

例えば甘いものや、アルコールなどの糖質は内臓脂肪として蓄積されやすいという特徴があります。もちろん食生活だけが内臓脂肪を落しにくい原因ではありません。

 

内臓脂肪は『 運動すれば燃焼される 』皮下脂肪と違って、非常にやっかいで落ちにくい脂肪なのです!皮下脂肪は運動をすることで脂肪を燃焼させやすいのに対し、内臓脂肪は運動では中々落すことができません。

 

内臓脂肪を落そうと思ったら運動でのアプローチよりも、食生活を正すことの方が効果的とされていますそして、それゆえ「 内臓脂肪は落ちにくい 」とされているのです。

 

キャビテーションが内臓脂肪に効果がある理由

「 それじゃあ内蔵脂肪を落すには食生活を見直す以外に方法はないの? 」と思われるかも知れませんが、それは違います。

 

当然、食生活を正すことは内臓脂肪を減らすことに対して効果的ですが すぐに 落すことはできません。

 

しかし、エステサロンで受けることができる『 キャビテーション 』なら皮下脂肪だけでなく、内臓脂肪にも効果があります!キャビテーションは脂肪に超音波をあてることにより、脂肪細胞を分解し体外に排出することができるという施術ですが、高周波でキャビテーションを行うことによって、皮膚の奥にある内蔵脂肪にも働きかけ内臓脂肪を柔らかく解きほぐし、体外に排出することができるため内臓脂肪を落すことができるのです。

 

「 なかなか落ちない 」と諦められがちな内蔵脂肪ですが、食事制限だけでなくキャビテーションでも落すことができることを、ぜひ覚えておいて下さいね!