ダイエットでリバウンドをする理由

ダイエットでリバウンドをする理由「 痩せたと思ったら元に戻っていた 」「 ダイエットに成功したはずなのに前より太った 」などこれらの原因はすべて リバウンド にあります!誰しも一度は聞いたことがある リバウンド ですが、そのメカニズムはあまり知られておりません。

 

では、どうしてダイエットをして痩せたはずなのに、リバウンドしてしまうのでしょうか?

〇 食事制限とホメオスタシス

 

例えば「 断食ダイエット 」に代表されるように食事制限によるダイエットはリバウンドを招きやすいとされています。
ダイエットというのは生活習慣に原因がある場合が多く『 痩せた! 』と思って成功したダイエットをやめてしまい前と同じ生活習慣になってしまうと、当たり前のようにリバウンドをしてします。

 

また、食事制限で痩せた場合は「 ホメオスタシス 」という身体の消費カロリー節約機能が働きやすくなってしまいます。

 

これは本来ならば飢餓から命を守るための身体の機能であり、特に飢餓が多かった日本人にはこのホメオスタシスが強く働きすぎてしまい、摂取するカロリー量が減ってしまうと消費するカロリーも減ってしまうという現象が起きてしまいます。

 

もちろん、このホメオスタシスはダイエットをやめた後も、働き続けてしまい消費されるカロリーが少なくなってしまっているため、身体に余分な脂肪が蓄積され結果としてリバウンドを招いてしまうのです。

 

〇 ダイエット後の満腹感の変化

食事制限をしていると、満腹感に対して大きな変化が出るようになります。

 

人間がお腹いっぱいになる原因は、脳内物質である「 レプチン 」が分泌されるためであり。

 

このレプチンの量はダイエットをしている時には変化します。

 

ダイエット中はレプチンが現象されているため、問題はないのですがダイエットを中断して元の食事量を摂取してしまうと問題が生じてしまいます!それはレプチンの量は適正な量に戻るためには 1ヶ月ほどの時間がかかってしまうからです。

 

「 ダイエットをやめたら食べる量が増えた 」というのはこのレプチンの量が作用しており、レプチンが適正な量分泌されなくなってしまったため、満腹感を得られずに食べ過ぎてしまい、リバウンドしてしまうという現象がおきてしまうのです。

 

もちろん、運動をして体重が落ちたという人は運動量が落ちればその分太りやすくなってリバウンドするリスクは高まってしまいますし。

 

サプリメントなどで痩せたという人もずっと途中で飲むのをやめてしまえば身体は元に戻ってしまうのでリバウンドするリスクがあります!

 

キャビテーションで痩せるとリバウンドをしない理由

「 じゃあ、リバウンドしない方法はないの? 」と思われるかも知れませんが、ダイエットはその生活習慣を続けることが大切で、ダイエットをし続けなければ自分の理想の体重をキープすることは難しいと言えるでしょう。

 

しかし、マッサージなどで身体の脂肪を分解して痩せるダイエットの場合は 脂肪そのもの に働きかけて痩せる方法だからです。

 

キャビテーションは脂肪に超音波をあてて脂肪を分解し、身体の外に排出するダイエット方法です。

 

通常のダイエットと違い、運動をするわけでも食事制限をするわけでもありません。
そもそもキャビテーションを受ける以外はふだんの生活と変わらないため、リバウンドの原因となってしまう「 ホメオスタシス 」による消費カロリーの減少や「 レプチン 」による満腹感の異常を引き起こすことはありません。

 

つまりキャビテーションは効率良く脂肪を落としす『リバウンドのリスクがない』という事が言えるのです!そして、だからこそキャビテーションはリバウンドをしないダイエット方法なのです。